1. HOME
  2. レポート
  3. › 漂流する県政

漂流する県政

2015.12.22
執筆者:菅井 憲郎(スガイノリオ)

 

 来年は、知事選をはじめ、鹿児島市議選、参院選、鹿児島市長選などがあって、選挙の年になる。

 このうち、特に鹿児島のあり方を決めるのは、知事選と市長選である。

 なぜなら、首長には、特性の縁故者の利益代表ではなく、地域全体のためになる政策が求められるからである。

 知事選では、早速、現職の伊藤さんが出馬を表明し、コメンテイターの美田園産や何人かの人が出馬の動きを示している。

 

 巷では、今から現職と新人のどちらが有利かという下馬評が飛び交っている。

 これまでの選挙では、出身地や卒業した学校、なんらかの恩恵を受ける会社や団体が支援しているという理由で選んできた。まるで、スポーツ・ゲームの応援合戦のようだ。

 

 しかし、このような選び方で、地域が発展するだろうか?

 なぜならば、このような選び方は、自分たちの地域とか会社の利益になるような代表を選ぶだけ。これでは、エゴ選挙だ。

 鹿児島のためには、地域とか、出身学校、企業というエゴを超えて、県民の代表として、だれがふさわしいかという視点で選ぶことが求められる。

 沖縄県では、基地を巡って、国と対応してでも、沖縄県民のために貢献できる人を県民代表として選んだではないか。

 

 鹿児島にも課題がある。

 人口の高齢化や減少、福祉、医療、教育、産業、そして原発、産廃。あげるときりがないくらいに山積している。

 候補者は、できるだけ多くの支持を得たいから、これらの課題のすべてに対応しようとする。だから、掲げる施策が総花的になる。それが分厚いマニフェストのようになって、誰も信じないし、読みもしない。そして、何事も中途半端になってしまう。

 

 繰り返すが、知事選とか市長選は、個人的な利益代表を選ぶのではない。

 「利己」的な縁故や利益ではなく、鹿児島をどのような地域にするのかという「利全」の視点で選ぶ選挙にしなければならない。選挙権という個人の権利を地域全体のための行使するのである。

 以前、鹿児島には、「南の拠点づくり」という単純、明解な目標があった。今は、それがマニフェスト選挙になって、細かな公約が羅列されて、大きな地域づくりの『目標』が不明確になってしまった。

 だから、鹿児島がどのような地域になるのか、県知事は、どのような地域にしたいのか、分からない。

 船に例えれば、県民は、乗っている船、乗らされている船の上で、毎日の生活に追われている。頑張っていれば、辛抱していれば、きっと幸せな港に連れて行ってくれるだろうと期待している。また、船員たちは、原発とか産廃、アリーナという岩礁を避けることに精いっぱいの舵取りをしている。

 県民は、どこに行くのかもわからないまま、鹿児島丸は、あてどもなく、さまよっている。県政が漂流している。

 今度の選挙では、候補者が目指そうとしている「未来」を見せてくれるような「ビジョン」を示してもらいたい。それによって、選択しようではないか。

[ 続きを読む ]

記事全文の閲覧、記事の評価、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。

会員の方

パスワードをお忘れの方、
再設定を希望する方はこちら

会員以外の方

言論鹿児島は月額500円(税込)の
有料会員制です。
会員登録をされる方はこちらから

お申込み
新規会員登録はこちらから

お知らせ一覧

2013.12.12
言論鹿児島サイトオープン

投票一覧

会員からの論題一覧

ページの先頭へ